WindowsとMac。買うならどっち?

WindowsとMac民の戦いは遥か昔から決着がつかず今日まで続いてきました。
ではブログを書いたり、動画編集なんかもしてみたい!という方はどちらを買うのがいいんでしょうか?

A.どっちでもいいです。好きな方買って下さい

Windowsユーザーの私が言うのも馬鹿にされてしまいそうな気もしますが、WindowsかMac、どっちでもいいです。MacでもWindowsでもできることはあんまり変わりません。

動画編集やブログ執筆程度なら使いやすい方を選んでください。

ブログアフィリエイトやる位なら別に安物のWindowsでいいんじゃない?とは思いますが、双方のメリット、デメリットを書いていきますので、「あーなるほどねぇーこんな感じなんだね」と思ってくれたら幸いです。

とりあえず、MacでもWindowsでもSSDは欲しい。
あと、Macと同価格帯ならスペックはWindowsが圧勝しているメーカーが多いですよ。

追記:Mac M1 2020のコスパは最高です。M1を購入できるお金があるならM1を買いましょう。

Macの良いところ:メリット

林檎、アルミボディ、オシャレ、格好いい
仕事が出来る人は皆Mac。デザイナーはMac

Macのメリットを書き出していきます

Macの良いところ1:直感的に触れる

実際に触ると驚くほど直感的に触れます。パソコンが苦手な人ほどMacはとっつきやすい印象です。ウェブデザイナー時代にMacを使っていたんですが、デザイナーが好んで使う。というのは理にかなっていて、そりゃ皆Mac使うよね。と感じました。

Macの良いところ2:液晶が綺麗、フォントも綺麗過ぎ

Macはとんでもなく綺麗な液晶が搭載されています。それと、Macのフォントが本当に綺麗です。Macを触った後にデフォルトのWindowsのフォントを見ると画面を破壊したくなるくらい

(ちなみにWindowsでもMacのようなキレイなフォントに変更できる フリーソフトMacFontはWindowsユーザーなら使ってみる価値アリ)

Macの良いところ3:トラックパッドの操作性はスマホ並

Macにはトラックパッドと呼ばれるタッチパッドが搭載されているのですが、Windowsと比べるとWindowsがかわいそうに思えてくる位、トラックパッドが素晴らしい。極端に言えばこの部分がスマホ液晶を触るのと同じ感覚で動かせる事が出来るので、ネットサーフィンとかするならスマホと同じ感覚で見れます。

Macの良いところ4:iPhoneやiPadと連携できる

iPhone使いならMacと組み合わせられる。iPhoneのiMovieとかをスマホでちゃちゃっと作業してMacの方に持っていったり、逆もしかり。あとはair dropでiPhoneのファイルを手持ちのMacに送信できるのはマジで便利。

Macのダメなとこ:デメリット

褒め称えたあとにはダメな部分を指摘していきます。Macのダメなところを書いていくぜ!

Macのダメなとこ1:高い製品が多い

これに限ります。

Windowsと違って、iPhoneと一緒でMacは高級ブランドです。
値段が高いだけあって、便利ですし、サックサクに動きますが、手が出せない価格帯…と感じる方もいるかと思います。

M1のMacが出るまでは同価格帯ならWindowsが性能面を圧倒できていましたが、Mac M1 2020から同じ値段を出せばWindowsを圧倒できる性能と値段を実現。Mac=高いの図式が成り立たなくなってきた

Macのダメなとこ2:Windowsから乗り換えると最初は不便

Windowsを長年使っている人からすると、最初の2週間はストレスでハゲそうになってきます。

まぁでも2週間位触ってれば、慣れます。

1ヶ月も使えば、逆にWindows触った時に身体がついていけなかったりします。

Windowsの良いところ

さぁ今までMacを沢山持ち上げてきたからここからWindowsの反撃だ!

Windowsの良いところ1:安くて良いものが買える

結局金ですよ。同じスペックのMacとWindowsを比べるならWindowsの方が断トツで安いんです。ゲーミングPCと同じスペックのMacとかバカみたいに高いですからね。

僕の月収が20万超えた時なんて中古で1万6千円のThinkPad使ってましたからね。WordPressでブログ書いて、ちょっと画像加工する位なら別に高くなくても大丈夫です。動画までしっかりやろうと思ってるならGPU付いたパソコン買いましょう。

Windowsの良いところ2: 豊富なフリーソフト

作業効率がぐんぐん上がる沢山のフリーソフトがネット上に落ちています。
パソコン買ってそこから沢山ソフトをインストールしていく感じです。
このフリーソフトの豊富差はMacにはありません。Macに似たようなソフトがないかと言ったら…ほぼ似たようなソフトがあるものの、有料だったりします。

僕はかざぐるマウスというフリーソフトが偉大過ぎて、切り替えられません。
ブラウザもローカルでもマウスジェスチャが出来るのは本当に便利。これがないパソコンなんて考えられない。

Windowsの良いところ3:ユーザーが多いので、トラブルの解決がしやすい

世界のパソコンシェアで8割がWindowsというだけあって、なにかトラブルがあっても対処しやすい。+一般企業なんかで使われているパソコンはだいたいWindowsなので、動かし方を知ってる人も多い。

Windowsのダメなところ:デメリット

Windowsのデメリットも紹介していきます。

Windowsの良くないとこ1:多少の知識は必要

Macよりも多少の知識は必要かも…?

多少と言っても調べたらすぐわかるんですが、調べる能力がない人や調べるのが嫌いな人にはオススメは出来ないかもしれません…。

後は、メーカーによってばらつきもあったりするので、安すぎるWindowsを買う=すぐ買い換える ぐらい割り切った使い方がいいかもしれません。

Windowsの良くないとこ2:バグったりする(Macがバグらない訳ではない )

ここで言うバグですが、致命的なものではありません。
ん?なにいまの?位のバグですが、MacよりもWindowsの方がバグが多い気がする。
致命的なものではなくて、突然画面下が一瞬青くなったり、液晶ちょっとおかしくなったり…

値段が高いパソコンだからと言ってこれが起こらない訳ではなく、20万するWindowsのノートでもこういうバグは出てきたりします。起動できなくなったりね。こういう時、メモリを抜き差ししたりしたら直るんですけどね。知らないとやっぱりパニックです。

WindowsとMac、好きな方を買おう

最初に書いたように、本当にどっちでもいいと思います。

自分が良いなと思えるパソコンに出会ったならそれでOK。何台か触っているうちにWindowsかMac、どちらが自分に向いてるかなんてのも解ってきます。

僕はかざぐるマウスが圧倒的に気に入っていて、Macのマウスジェスチャー機能はもちろん、使うけど、かざぐるマウスほどの完成度には達していないと感じたので、Windowsを未だに使い続けています。

ほんと、別にどっちでも良いんです。

期間限定
【1年無料】無制限で使い放題の楽天モバイル

・契約料なし
・解約料なし
・2年縛りなし
・今なら1年間の利用料が無料
・1年後も1GBまで無料
・データ無制限で2980円
・電話かけ放題(専用アプリ使用)
・契約するだけで5000円分のポイント付与

パソコン
プロフィール
nico

にこ。
ブログを書いています。ベースを弾くのと猫と戯れるのが大好きなオタクです。過去にブログだけで食えていた時代が3年ほどあったが、アルゴリズムの変動で一気に底辺に。またブログだけで食えるようにと少しづつブログ執筆を開始。

nicoをフォローする
シェアする
nicoをフォローする
にころぐ

コメント