男2人でクリスマスイブに新世界国際劇場 ハッテン場にいった思い出

当時僕は23歳、漠然とロマンポルノと呼ばれるものに興味を持っていた。

映画のようにあって、ストーリー中に行われるセックスに対して芸術とエロスが交差する世界観を覗いてみたかった。

今でもアホだが、若い頃はもっとアホだったので、友人Mくんとクリスマスイブにロマンポルノを見に行く計画経てた。

どうやら新世界国際劇場という場所でロマンポルノが見られるらしい。しかもオールナイト。こりゃ深夜帯にドキドキしにいくしかねーな。

ロマンポルノを見たこともなかったし、エロにも期待しつつ、映画の中にある物語を楽しむ気持ちで僕らは新世界国際劇場に向かった。

いざ新世界国際劇場へ


友人Mくんと2人でワクワクしながら新世界国際劇場前で上映スケジュールを見ていると1階の普通映画の中に「アート・オブ・ウォーⅡ」というタイトルに目が向いた。

Mくんは当時芸大に通っていたり、そのMくんと一緒に芸術活動チームを組んでイベントしていたこともあって2人の考えは一瞬で一致した。

僕・M「芸術で戦争が起こるなんて、、、きっと面白い映画に違いない!」

単細胞でアホな僕ら2人はロマンポルノを見る予定から、芸術活動のために!と急遽アートオブウォーを見ることにした。

肝心の映画まで余裕の時間あり

新世界国際劇場に向かい、1Fと地下を行き来できるチケットか、1Fだけか選べたのだけど、2人はアート・オブ・ウォーに夢中。よって1Fだけのチケットを購入した。

新世界国際劇場は一度チケットを購入すれば、朝5時までいていいというコスパ最高の映画館。これだと面白い映画があったらまた来てもいいなー。というのが、素直な反応。

そんなこんなで友達と一緒に映画館に入ってみると、深夜ということもあってか人はまばらな感じだった。

映画館で一番いい真ん中の席が空いていたので「真ん中でみようぜー」と着席した。

新世界国際劇場では常に色んな映画が流れている。いうなればオムニバス映画館。
僕らが着いた頃、アート・オブ・ウォーの上映は次の映画枠で、名前も知らないラブコメ映画の途中だった。

途中からみているから、話の本筋がわからず、僕らはタバコを吸いに立ち上がったんだけど、僕らが立ち上がると同時に映画館で数人の男性が立ち上がった。

新世界国際劇場でドラクエのパーティが誕生

喫煙所は2階らしいので、階段を登っていると、1Fから足音が沢山聞こえてきた。階段から複数人の足音が聞こえてきたんだけど、ドラクエのパーティみたいに一列になって階段を上がっている。

過去のにこ
過去のにこ

「わー突然みんなタバコ吸いにきたなー。気まずいわー」

Mくん
Mくん

バッティングしても気まずいし、トイレいこう。

 

 

って感じで2人でトイレに入って用を足していると、中年男性が4人共トイレに入ってきて、後ろから僕らが用を足している姿をガン見している

おかしい。。。なにか異様な空気を感じながら、トイレを出たのち、喫煙所でタバコを吸っていると、彼らはゾロゾロとトイレから出てきた。そしてまた僕らをガン見。グレーのスーツを着たメガネの男性が一人がこちらに来て、タバコに火をつけ、タバコを吸いながらジーッと僕らをジロジロと見てくる。

僕「なんだこのひと…目玉がビー玉みたいだな…」

タバコの煙が立ち込める中で、会話するわけでもなく、終始無言だった。タバコを吸っていた男性が、火を消し無言で1階に降りていった。

過去のにこ
過去のにこ

…なんか今の人たち怖かったなぁ。宇宙人みたい

Mくん
Mくん

あの人たちゲイやからな。品定めしてたんちゃう?

 

!?なんだと!?

恥ずかしながら僕は、新世界国際劇場がハッテン場ということを一切知らずにこの場所に来ていたのだ。Mくん!はよ言ってよ!

過去のにこ
過去のにこ

「ゲイ!?えっじゃあ、僕らもゲイとして見られてるってこと!?」

Mくん
Mくん

「せやで」

ハッテン場と知ると映画館はお化け屋敷に変化した

ハッテン場とは知らず、新世界国際劇場に来てしまった。

「やらないか?」みたいな世界がこんな大衆的な映画館で行われてるなんてとにかく衝撃的過ぎる。映画館を見に来たのに、お化け屋敷に入ってきてしまったようなエンターテイメント!

だけど襲われる怖さは求めていない。一度周りの男性が男を探しにきているのだと知ると、バイオハザード1の洋館みたいに見えてくるのだから人間っておもしろい。


画像引用:バイオハザードリコレクションズ

そんな大げさなwwww
さすがに盛りすぎwww

と、思われるかもしれませんが、知らない世界はとにかく怖いのだ。背後をウロウロしてた男性がまさかハンターさんだなんて…

ハッテン場でカップル成立を目撃

友人は元々ハッテン場という場所を知っていたからか、平然としていたが、こちらとしては恐怖だ。ちなみに僕はブスだし、痩せ型でゲイ受けしそうなタイプではない。が、ヒョロガリが好きなゲイがいるかもしれない。むしろ若けりゃなんでも良い。っていう人もいるかもしれない。なんせ僕らは20代前半だし若かった。

そして、ウロウロ歩いている男性は映画なんてものには興味もなく、男にしか興味を持っていない。えれーこっちゃ。Mくんなんかは若かりし頃のトム・ヨークに似ていたから、キレイな顔が好きな男性からしたらSRキャラみたいに見えたんじゃないかな。

気を取り直して映画館に戻って、ゲイの方たちがこちらにアピールしにこないように、僕ら2人はタバコを吸いながら映画を見るDQN客を演じていた。1本吸ったらまた1本とチェーンスモーカーになりきっていた。

僕らがチェーンスモーカーとしてモクモクタバコを吸っていると最前列の男性もタバコを吸っていた。新世界国際劇場、なんとも無法地帯な場所よのう…。まさか僕ら以外にもマナーの悪い客がいるなんて…

と思いながら映画を見ていると、タバコを吸っている男性に初老のおじいさんが近づき、何やら会話をしたあと、絡み合いだした。

そう、僕らはカップル成立の瞬間に立ち会った。

ハッテン場の最前列で絡み合うふたり

映画館の最前列では黒いシルエットが複雑に絡み合いながら蠢いており、その動き方はもののけ姫に出てきたタタリ神のように見えた。

タタリ神はしばらく蠢いたのち、さすがに場所を気にしてなのか映画館を出ていった。

過去のにこ
過去のにこ

Mくん…もしかしてさ…タバコ吸ってるのって声かけられるん待ってます。っていうサインじゃないよな?

Mくん
Mくん

…………消しとこう

そこから先は2人静かな子羊のように怯えながらラブコメ映画の平和な世界を見ていたが、ストーリーの中盤から見たのに面白かった。

映画ってすごい。ラブコメ映画ってなんにも悲しいことがないし、こうなったら良いのに!っていう王道的なストーリーがどんどん進んでいく!現実逃避には最高の映画だぜ!

そうこうしているうちにエンディングロールが流れて、お待ちかねのアート・オブ・ウォーだ!
ついにきた!早く僕らに芸術的なエネルギーを降り注いでくれ!こちとらアートに命かけてんだ!

アート・オブ・ウォーがつまらなかった

僕らはこの日一番の楽しみを心に秘めながらワクワクしていたのだが…
映画は全然おもしろくなかった。Ⅱから見たからなのか、それともこのシリーズ自体がダメなのか…柵の下をすごいスピードでくぐり抜けるキャラクターに吹き出した位でそこから先は時間の無駄だったなぁ。

映画が大好きなMくんはオープニングの時点で「あっこの映画だめかも」と察していたらしい。さすが芸大生のMくん。

1Fはまだ大丈夫。地下は魔境…

映画が余りにも残念だったのと、これ以上映画館でタタリ神を目撃したくないっていう気持ちが勝って、映画館を後にしたのだが…ふと、思い出す。

そもそもアート・オブ・ウォーがやってなかったら僕らはきっと地下に行っただろう。。。地上でもドープな世界だったのに地下は……。そう考えるとブルッときた。ありがとうアート・オブ・ウォー。

心なしか地下行きの空間はブラックホールというか漆黒の闇が渦巻いているように見えたし、流れてる映画もエロい映画なんだから、きっと地獄絵図なんだろうな…。

それから程なくして、インターネットを通じて、地下潜入レポを見ていると「あの時、地下に行かなくて本当に良かった」と心の底から感じている。

余談だが、1Fの階段近くには女装した2人ほど談笑しながら座っていました。
この方たちは、ハッテン場に来て素敵な殿方と発展出来なかった人が買っていかれるそうです。ハッテン場…すごい世界だ。。。

 

期間限定
【1年無料】無制限で使い放題の楽天モバイル

・契約料なし
・解約料なし
・2年縛りなし
・今なら1年間の利用料が無料
・1年後も1GBまで無料
・データ無制限で2980円
・電話かけ放題(専用アプリ使用)
・契約するだけで5000円分のポイント付与

体験
プロフィール
nico

にこ。
ブログを書いています。ベースを弾くのと猫と戯れるのが大好きなオタクです。過去にブログだけで食えていた時代が3年ほどあったが、アルゴリズムの変動で一気に底辺に。またブログだけで食えるようにと少しづつブログ執筆を開始。

nicoをフォローする
シェアする
nicoをフォローする
にころぐ

コメント